土踏まずの痺れ・・・。原因はなんと「アレ」でした!!

土踏まずの痺れ、ありませんか?

 

筆者は、施術の時はいつもスニーカーです。

施術の時は何度も這いつくばったり、

膝を地面についたり、

急に立ち上がったりするので、

必ず汚れてもいいパンツにスニーカースタイルです。

 

それ以外の時はヒールが多いんですが…。

 

f:id:sizu77:20161117123833j:image

 

で、最近、施術用スニーカーが傷んできたので買い替えたんですね。

そしたら、驚くことが起きたのです。

 

 

ここ数ヶ月続いていた土踏まずの痺れが、

 

 

 

一切消えた!!ヾ(゚Д`;≡;´Д゚)ノ゙

 

 

 

ずっと、疲れてるのかなぁと思って

マッサージやストレッチを続けていましたが、

全然よくならなくて。

 

f:id:sizu77:20161117190352j:image

 

痺れると言っても、一瞬。

ピリッと電気のような感じ。

場所は右足の土踏まずの前(上記写真の部分)

足裏に体重のかかる踏切の瞬間に感じる。

スニーカーを変えて痺れが消えた。

 

この様な特徴を踏まえて考えたのですが、

多分これの原因は、

 

 

 

 

 

フカフカすぎるインソールのせい!

 

 

 

 

だと、思われます。

 

ふかふかのインソール、皆さん好きですか?

足あたりがよくて、思わず楽に歩けるんじゃないかと思いますよね。

 

そう、短期間的にはきっとフカフカしていると、

トラブルが少ないでしょう。

 

でも、長期に見ていくと・・・・?

 

 

実はあんまり足にはよくありません。

 

 

 

f:id:sizu77:20161117185841j:plain

 

皆さん、砂浜をマラソンしたことありますか?

普通の硬い地面を走るよりも、ずっとずっと疲れるんですよ。

なぜなら、自分の体を前に押し進めるには一定の力が必要ですよね。

 

その推進力は、地面を蹴って返ってきた力を使っているわけです。

でも、砂浜は柔らかいので力が吸収されてしまって

体を前に押し進める時に必要な力を得るためには、

いつもよりもずっと大きな力が必要になるんです。

 

フカフカインソールは、靴の内部でこれと同じことが起こります。

いつもより、大きな力が必要なんですね。

だから、足裏の負担が大きかった・・・・。

 

 

 

加えて、

f:id:sizu77:20161117190336j:image

 

私はハイアーチという、土踏まずが高いタイプの足なんです。

(自慢できたもんじゃないが・・・・┐(´д`)┌)

 

で、このハイアーチ。

フカフカインソールを履くと、

いつもよりも足が沈み込むので土踏まずが伸びるんですね・・・・(;>艸<;)。

 

ハイアーチは、浮き上がった状態で足の筋肉が固まっていて

足裏のバネ(内足縦アーチ)が機能していない状態です。

 

固まってるのに、フカフカインソールのせいでいつもよりも

強制的にその部分を伸ばされる。

なので、筋肉がびっくりして、

 

「ちょ、やめて!」

 

って(笑)、痺れて知らせてくれているのですね。

 

 

 

 

まとめると、

 

①いつもより、大きな蹴りが必要で足裏が疲労

②ハイアーチがフカフカインソールのため沈み込み、

無理やり伸ばされる

 

 

この二つの理由で足裏がWパンチを食らっていた模様です。

かわいそうに・・・・( *;`ω´)

 

 

 

というわけで、フカフカインソール、意外と曲者ですよ。

ぴったりした靴なら、

インソールのクッション性なんかなくても痛くはありません。

 

 

だって、家の中で裸足で歩いてても

足裏痛くならないでしょ??

(※なる人は重症ですよ・・・・( *;`ω´))

 

 

なぜ、靴を履いた時だけクッションが必要なのか・・・?

それは、靴があってないから!

です。

 

Written by Kumi Matsumoto

靴のお悩み相談・施術の詳細はこちら

関連記事

  1. よく聞く靴の「木型」って何?木型を見分けられると、ぴったりの…

  2. シューズデザイナーが教える「足がキレイに見える靴」のポイント…

  3. 足指の第一関節に隠された秘密。跡があると○○だった!

  4. 【過去事例】1㎝のサイズ間違いが発覚!ぴったりサイズを履いて…

  5. 【動画】足と靴のぴったり度チェック!ぺたんこ靴が足に良いとは…

  6. ねじれるサンダル、履いてませんか?足をズタボロにする「ネジれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。