営業女子の必需品、痛くならないパンプスを手に入れよう!

靴は、営業女子の必需品!

今回はシンデレラシューズの施術の体験レポートです。

今回は、兼ねてから絶対、靴に対するこだわりが強いだろうな〜〜〜!!と思っていた職種の方にお会いできました。

「営業女子」のコミニティー、「営業女子カレッジ」主催、ご自身も営業職一筋の

三浦綾子さん!

営業職ならではの苦労話しや、仕事へ並々ならむこだわりなどがたくさん聞くことができました。

 

1.ヒアリング

f:id:sizu77:20160810225812j:plain

のハズが、なぜか大爆笑させてしまっています。( *;`ω´)

 

やはり、お話を伺って驚いたのが営業の女性たちって

「え?10,000歩位はフツーですよ。」というお言葉!!

多い日だと、15,000歩とか行っちゃうらしいです。

そんな営業の女性にとって、ヒールパンプスってどんな存在?と尋ねたら・・・・。

 

「必需品!」

 

とのお答え。

 

ちなみに、ぺたんこ靴ではダメだという規定はあるのかと聞くと、別に決まっているわけではないそう。

でも、自分のポリシーとしてぺたんこ靴では気合いが入らないそう。

万が一、「この人こんな服装で来て、仕事する気あるのかな?」なんて思われたら・・・、と余計なマイナス要因は一つでも取り除いておくのが「デキる営業」の仕事術の一つなのですね。

 

 

2.足の測定

f:id:sizu77:20160810230904j:plain

三浦さんの足は、かなりいろんな部位の左右差の持ち主。

これは結構シューフィッター泣かせなのです・・・(◞‸◟;)

 

今回、お持ちのなった靴は3足。

中でもかなり長い間眠らせていて、でもずっと捨てられなかったというこのオープントゥパンプス。

f:id:sizu77:20160810232807j:plain

これが、調整に適していることが解りました。

 

「え〜?これが履けるようになるんですか?もし本当ならかなり嬉しいです〜!

だって、なんで買ったか解らないくらい痛いんですよ。5歩も歩けない!!

 

とのこと。

調整に適している・いないは、実は痛みの強さに比例はしません。

激痛!の靴が調整可能な時もあるし、比較的痛くないものが適していない場合もあります。

 

その「痛み」が、何の原因で起こっているのかが解れば、調整で解消できる痛みなのか、できない痛みなのかが解ります。

今回、この靴の痛みは調整可能な理由で出ていたので落ちらを選び出しました。

 

この靴の調整前のはき心地は100点満点で-20点(笑)だそう。

具体的には、以下の項目。

 

・履き口が全体的にキツイ、当たって痛い

・外反母趾の部分が当たって痛い

・長時間だと足裏の指の付け根周辺への痛み

 

3.靴の調整

f:id:sizu77:20160810233254j:plain

初回の基本セットを入れた状態。これ、いつも同じに見えるけど、全然違うんですよ。

位置が5mm前とか、下に2枚重なってたりとか、毎回全く違います。

 

そして、試し歩きをして頂くと・・・、

 

なぜか思わず吹き出す三浦さん 笑

「え?なんだこりゃww」

を連発!(*´艸`)

 

少し外反母趾気味だった一番いたくなる部分の痛みが消えたんですね。(矢印のポイント!)

 

f:id:sizu77:20160811142233j:image

それが、なんか笑っちゃうほどびっくりしたそうで。

しきりに、「なんだこりゃー!(≧∇≦)」を連発されてました(笑)

はい。この指の付け根の痛みは取ることができます。

また、履き口のキツさは靴の構造によるものだったので伸ばさずに柔らかくしただけで解消しました。

 

・金具のウラの留め具で足圧迫される

・二重に走るステッチで革が伸びない

・穴飾りの透かし革の分、より厚みが出ている

 

このデザインは履き口が痛くなる要因がいくつも重なった、かなり特異な条件の靴なのです。

こんなに条件揃ってりゃそりゃーキツイでしょうよ(^◇^;)

バッチリすぎるほど、きつくなる条件揃い踏みです(笑)

 

 

最後に、キレイな立姿で♡

f:id:sizu77:20160811141855j:image

やっぱりヒールが足に合うととても素敵な立姿になりますね。

あってないと、キレイに立てない、歩けないのです。

 

中敷を戻した時の感じはこちら。

f:id:sizu77:20160812094556j:plain

 

ちなみに調整後の点数は80点だそう。

おしい!理由は大きな左右差のために片足だけかかとの緩さを取りきれなかったんです。

 

でも、マイナス20点から80点まで上がれば、よしとしましょう(笑)(実質100点アップだー(*´∀`*))

 

f:id:sizu77:20160811144729j:image

 

最後に感想をいただきました。

営業職の女性にとって、歩きにくい靴を履いていることは仕事のパフォーマンスを大きく左右する。

そう長年の営業経験で実感していたものの、足が小さくてサイズ選びにいつも苦戦していたわたし。

自分の足にぴったりという感覚を味わったことがなくて、このサービスを利用しました。

まず驚いたことは1時間くらいかけて行う徹底的な計測とカウンセリング。

そこで私の足の特性や歩き癖など全てわかったしまうんです。

そのあとの靴の矯正では、履きたいのにキツくて履けないヒール靴を持参。

ただでさえきついと靴の中に、私の足の形に合わせてどんどん入れられる中敷き。。

 

「いやいや、そんなに入れたら更にきつくなるでしょ!」と内心思っていたけど、目の前にいるのはプロなので、そんな声も出せず(笑)

 

騙されたと思って矯正後の靴を履いてみたら、さっきまであんなにきつくて5歩も歩けなかった靴が、ぴったり足に入る!そして歩けるように!

そして、自分の足にぴったり合う靴を履くと、自然と姿勢もよくなる、そんな印象も受けました。

私たち営業女子は仕事中とても歩きます。

立っている時間も長い。

だからこそ、足元のコンディションを整えてあげるって大事です。

だって女性なので、仕事中オシャレも楽しみたいし、仕事で信頼感を得るためにやっぱりヒール付きのパンプスを履きたい。

 

そんなワガママを全ての女性に叶えさせてくれるサービス。受けてみて、そんな風に実感しました。

 

 

三浦さん、ありがとうございました!!( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛ 

 

「調整」は好きなデザインの靴を自分の足に合わせるので、デザイン・はき心地の両立が出来やすいんですね。まさに女性のワガママをかなえるサービスです♡

 

営業職の女性の皆様!!

靴のお悩みには、「調整」という道がありますよ。

一切不安を持たなくてもいい靴が、一足手元にあれば…、かなり心強くないでしょうか?

営業女子の皆さん、そんな靴をぜひ手に入れてくださいね!

 

Written by Kumi Matsumoto

靴のお悩み相談・施術の詳細はこちら

cinderella shoes MAGAZINEはリンク・シェアフリーです。(でも出典元は入れてくださいね!)

関連記事

  1. 値段の高い靴ほど足が痛いって本当?

  2. 人には相談できない「足のにおい」!あなたの靴選びが間違ってた…

  3. 【調整事例】はき心地100点中10点の激痛パンプスを調整!は…

  4. 【It shoes!】フランスの注目ブランドCARVEN(カ…

  5. 【過去事例】1㎝のサイズ間違いが発覚!ぴったりサイズを履いて…

  6. シューズデザイナーが教える「足がキレイに見える靴」のポイント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。