マンツーマン(来店)

◆痛かった靴を自分でぴったりに!セルフ調整 / リピーター

自分でできる「インソール調整」〜プロ仕様の道具付き!〜

お気に入りなのに、痛くて5分も履けない・・・・。

もしかしたらそんな靴が、大活躍の靴に変身してしまうかも?

場所 東京・北千住サロン
所要時間 2~3時間
対象者 リピーター限定
オンライン 有り

別メニューです※詳しくはコチラ

持ち物 調整したい靴の候補 3~5足
その靴を履く時のフットウェア(ストッキング・タイツなど)
料金  ¥3,0000(税込¥33,000) ※調整道具11点セットを含みます。

すでに道具をお持ちの方でリピート希望の方は、「プロにお任せ調整」をお選びください。

※調整できる数は1足です。複数足お持ちいただく理由は、調整できないくらいにサイズが大幅に違っている場合が多い為です。お持ちいただいた靴の中から調整できるものを選びます。

ご予約はこちら(リピーター限定メニュー)

こんな方にオススメ!

  • オーダーの靴なのに、トラブルが出る
  • 自分で調整できる様になりたい
  • 短時間で履き心地がよく変わってしまう
  • トラブルの原因などを自分で理解したい

自分でできるインソール調整 〜靴のセルフ調整×1足〜 

「靴の調整」は、誤解されている場合がよく有ります。

あなたはインソール調整ときいて、何を思い浮かべますか?

きっとお店で「ちょっと緩いかな…」と言うとお店の方が入れてくれる、前敷きパッド。

あのイメージではないでしょうか。

でも、プロが行うインソール調整は、サイズの微調整は勿論のこと、足の歪みや、

歩き癖による体重分散による痛みまで考慮して行うかなり高度な専門技術。

それを、プロの指導のもと自分で行うのがこちらのメニューです。

 

シューフィッティングの中で、最も重要なのがコチラの「調整」。

勿論「足の計測」がなければ靴は選べないし、

特徴にあった靴がないと調整も出来ないので、他の二つも大切では有ります。

料理で例えるなら「足の計測」は材料をリストアップした感じ。

「靴選び」は実際に材料を購入する事です。

いわば、下準備です。

そして「靴の調整」は実際、切ったり、炒めたり、煮たり、調味料を入れたりする「調理」。

下準備だけでは、美味しく食べる事が出来ないのと同じで、

いくら最高の食材を揃えても、調理しなければ美味しく食べる事は出来ません。

 

当サロンには一定の割合で「オーダーメイドの靴なのに痛くて履けない」と言うご相談が有ります。

せっかくサイズを計測して自分の為に作られた靴。

ぜったりにぴったりだと思いますよね。

でも、実際はそれって最高級の素材を用意した所まで。

調理されていないので、まだ美味しくは有りません。

でも、最高級のお肉は塩をふって焼くだけで最高に美味しい、と言うことと似ていて、

キチンと選ばれた靴は調整を行う事によって、選ばれていない靴よりもずっとずっとフィットします。

もし、あなたがセミオーダーやフルオーダーの靴なのに痛畔はけていないなら、

最後の一手間の「調整」で驚くほどのフィット感を手に入れる事ができる可能性を秘めているかもしれません。

 

「セルフ」と「お任せ」の違いは、二つ。

  1. 調整道具がついている
  2. 実際に手を動かす

お任せコースは、口頭での解説は有りますが基本は施術者が作業を行います。

調整の作業は細かい物も多いので、見ているだけだと「私にもできそう!」と思っていても意外にも難しい場合も有ります。

それを実際に自分の手で行い、やった作業のチェックも受けられるので、間違った場合はすぐにやり直しも可能です。

そしてなんと言っても、一番のメリットが「調整道具」がついている事。

これを手に入れれば、今後は自分で調整にチャレンジする事も可能です。

 

※ただし、一回の調整で今後全てのケースに対応できるだけのスキルを身に付けるのは難しいと思います。

靴が変われば、足との関係性は変わるので作業内容は毎回異なります。

完全に習得したい方は、3ヶ月プログラムをご利用ください。

3ヶ月プログラムの詳細はコチラ

 

実際の施術風景

※コチラはオンライン(ZOOM)バージョンです。対面式は同じ事をサロン内にて行います。

 

・プロのシューフィッターによる詳細なぴったり度チェック5足(音が出ます)

・プロのシューフィッターによる詳細な調整1足(音が出ます)

※調整材は最終的には中敷の下に隠して固定します。

実際にインソールを入れた状態の靴。

何度も何度も、インソールの位置やサイズを入れ替えたり試行錯誤を行いながらジリジリと足に靴を近づけていきます。

納得いくまで試しばきを行います。

又、室内の試しばきだけでは解らないことも多いので、お一人で外出して頂きます。

いつもと同じスピードで街歩きをしていただき、じっくりと履き心地の確認を行って頂きます。

個別の体験レポートの記事はこちらにまとめてあります。

体験レポート記事はこちら!

当日のタイムライン

  1. 10分 トラブル内容のヒアリング
  2. 10分 ぴったり度チェック
  3. 5分 補正材の仮止め
  4. 5分 試し歩き
  5. 5分 微調整
  6. 5分 外出して、5分間テスト歩行
  7. ④〜⑥を何度か繰り返し、ぴったりに近づけていく。
  8. 20分 中敷の下に固定

ご注意点

  • ご自身で選ばれた靴は調整不可の場合もありますので、測定の際に習ったセルフチェック法で確認してからお越しください。
  • どこに・どんなトラブルが出たのか、明確にお伝え頂けないと施術の精度が下がります。メモや写真があると助かります。
  • 100%痛みのない状態にできるという保証はできません。その場合の返金はできません。
  • 調整には個人差があるので、長引く場合もございます。~4時間程度まで延長することもございます。後のご予定には余裕を持ってお越しください。
  • 基本的には被術者様のみお一人でお受けください。その他の方の同伴はお断りしております。(未成年者の保護者は除く)

ご予約はこちら(リピーター限定メニュー)

当日の服装について

調整したい靴をよく履く時の状態のフットウエアをご準備下さい。

ストッキングなのか、素足なのか、タイツなのか、ソックスなのかで調整の度合いが変わります。

調整したい複数の靴の、全てのパターンをご用意ください。

※パンプス用の極浅ソックス・フットカバーはパンプスを履くのに適しておりませんので、お勧めしておりません。

調整される靴について

■ひどく履きつぶした靴は変形が起きていることが多く、調整では補う事できない場合があります。
使用頻度が少なく状態の良い靴をお持ちください。

■価格の安い靴は、靴の材質の強度が弱い為に体重を支えきれず、痛みが発生する事があります。
こちらにお持ちいただく靴は、「定価1万円以上の革靴メーカーの作った靴」でお願い致します。

■靴の種類はパンプスがベストです。

  • サンダルは足を固定する面積が少ないため、はき心地が上がりにくい靴です。
  • ブーティは「伸ばし」が難しい靴ですので、履き口が当たる場合など部分的な痛みが取れない場合があります。
  • ブーツはファスナーが付いていて大きく開けることができるタイプでないと施術の際に手が入らず、施術ができない場合がございます。
  • スニーカーは比較的調整には適していますが、革が厚いものが多く伸ばしができない可能性があります。

調整をお断りする場合がございます。

■靴の足長がご自身の足長と1㎝以上離れている場合。
23.0㎝の方の場合、22.5㎝〜23.5㎝までが調整可能な靴とします。

■靴の足囲が、足の足囲と二つ以上離れている場合。
足がEの方は、D〜2Eまでが調整範囲となります。
靴の足囲は表示されていない物が多いので、当日ぴったり度チェックで確認致します。

〜過去の調整不可の事例〜
◆手持ち靴のサイズ・相性が、著しく異なっている
足長・足囲は選んだが、トウの形状のチェックを忘れて買ってしまったという場合、
つま先の形状と、靴のトウの形状の相性が非常に悪く、伸ばしでも解消できない事があります。

◆かかとが上がると重度のハンマートウが出現
平坦な場所に立っていると指は伸びているが、かかとが上がる(=ヒールを履いた状態)と、急に指が屈折し自分の意思でコントロールできない方がいます。

指の第一関節が当たり痛みが出ますが、革を伸ばせる範囲を超える場合もございます。

◆歩き癖によるかかと抜け
ある特定の歩き方をされる方は、何をしてもかかとが脱げる方がいます。
インソールで留まる方もいますが、その範疇を超えてしまう方もいます。

◆こんにゃく足
足が柔らかすぎる「こんにゃく足」と診断された方は、フィッティングに必要不可欠な圧力が足にかけられない為、調整がほとんど効果を発揮出来ません。