【利用規約とプライバシーポリシー】

■プライバシーポリシー

株式会社シンデレラ(以下「当社」といいます。)は、お客様の個人情報保護の重要性について認識し、個人情報 の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)を遵守すると共に、以下のプライバシーポリシ ー(以下「本プライバシーポリシー」といいます。)に従い、適切な取扱い及び保護に努めます。

第1条 個人情報の定義

本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報保護法第 2 条第 1 項により定義された個人情報、すなわち、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の 個人を識別することができることとなるものを含みます。)を意味するものとします。

第2条 個人情報の利用目的

当社は、お客様の個人情報を、以下の目的で利用いたします。

  • 当社からの情報を配信するため
  •  顧客の管理
  • 足と靴フィッティングに関する当社内での研究データとして

第3条 個人情報利用目的の変更

当社は、個人情報の利用目的を相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合にはお客様に通知又は公表します。

第4条 個人情報利用の制限

当社は、個人情報保護法その他の法令により許容される場合を除き、お客様の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。但し、次の場合はこの限りではありません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが 困難であるとき
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様 の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに 対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支 障を及ぼすおそれがあるとき

第5条 個人情報の適正な取得

当社は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得しません。

第6条 個人情報の安全管理

当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などのリスクに対して、個人情報の安全管理が図られる よう、当社の従業員に対し、必要かつ適切な監督を行います。

また、当社は、個人情報の取扱いの全部又 は一部を委託する場合は、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を 行います。

第7条 第三者提供

当社は、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除くほか、あらかじめお客様の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。

但し、次に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該当しません。

  • 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合
  • 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合

第8条 データから得られた情報を使っての製品化について

  •  利用される個人情報の項目
  • 足の画像及び、測定数値
  • ECでの購入・返品履歴
  • 靴と足の相関関係に関する情報

上記に示した項目について、当社の研究にお客様のデータを使用し、そのデータを元に造られた製品を他者に販売する可能性があります。

その際、その製品からは個人の特定はできません。

第9条 個人情報の開示

当社は、お客様から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、お客様ご本 人からのご請求であることを確認の上で、お客様に対し、遅滞なく開示を行います(当該個人情報が存在 しないときにはその旨を通知いたします。)。

但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。

第10条 個人情報の訂正等

当社は、お客様から、個人情報が真実でないという理由によって、個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」といいます。)を求められた場合には、お客様ご本人からのご請求であることを確認の上で、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨をお客様に通知します(訂正等を行わない旨の決定をしたときは、お客様に対しその旨を通知いたします。)。

但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が訂正等の義務を負わない場合は、この限りではありません。

第11条 個人情報の利用停止等

当社は、お客様から、お客様の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、又は偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止又は消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合において、そのご請求に理由があることが判明した場合には、お客様ご本人からのご請求であることを確認の上で、 遅滞なく個人情報の利用停止等を行い、その旨をお客様に通知します。

但し、個人情報保護法その他の2法令により、当社が利用停止等の義務を負わない場合は、この限りではありません。

第12条 Cookie(クッキー)その他の技術の利用

当社サービスは、Cookie 及びこれに類する技術を利用することがあります。これらの技術は、当社による当社サービスの利用状況等の把握に役立ち、サービス向上に資するものです。

Cookieを無効化されたいユ ーザーは、ウェブブラウザの設定を変更することによりCookieを無効化することができます。但し、Cookie を無効化すると、当社サービスの一部の機能をご利用いただけなくなる場合があります。


■利用規約

第13条 料金の対価について

当社の提供する以下のメニュー、

(◆自分の足を知る(新規)

◆痛かった靴をぴったりに!プロにお任せ調整 / リピーター

◆痛かった靴を自分でぴったりに!セルフ調整 / リピーター

◆お任せ再調整(リピーター)

◆靴のセルフ再調整(リピーター)

●自分の足を知る(新規) -オンライン-

●学んで実践、自分でできる!セルフ調整 / リピーター -オンライン-

●靴のセルフ再調整(リピーター) -オンライン-

■初心者向けオンラインセミナー 脱げないのに痛くない、シンデレラシューズの見つけ方。

◼︎試着会 細幅靴「Chochotte」&「cinderella shoes Lesson

★自分の靴は自分で選ぶ・作る。超お得な会員制度。-Members-

などのシューフィッティング技術の提供または監修のサービス全般)の料金は、シューフィッティング及び靴に関するその他の情報の提供と学習補助、施術者と講師の拘束料金として発生するものとします。

靴の履き心地の保証によって発生するものではございません。

靴の履き心地に満足しなかった場合でも、ご返金は致しかねます。

第14条 秘密情報

本規約において、「秘密情報」とは、本規約のお客様が、株式会社シンデレラより書面、口頭、記録媒体その他方法の如何を問わず提供又は開示された、株式会社シンデレラの技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関するあらゆる情報を意味する。

但し、以下の各号に該当することが書面により証明できるもの は秘密情報から除外するものとする。

  1. 株式会社シンデレラから提供又は開示がなされたとき、既に公知となっていた、又は自己において既に知得していたもの
  2. 株式会社シンデレラから提供又は開示がなされた後、自己の責に帰せざる事由により公知となったもの
  3. 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
  4. 秘密情報によることなく単独で開発したもの
  5. 株式会社シンデレラから秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの

第15条 秘密情報の管理

1.本規約のお客様は、株式会社シンデレラの事前の書面による承諾なしに、秘密情報を本目的以外に利用してはならず、秘密情報を第三者に開示又は漏洩してはならない。

2.本規約のお客様は、自らに関する秘密情報を取り扱う場合と同等の注意(但し合理的な程度を下回 らないものとする。)をもって、株式会社シンデレラの秘密情報を取り扱うものとする。

4.本規約のお客様は、秘密情報を記載又は包含した文書又は記録媒体等を複製する場合には、事前に株式会社シンデレラの書面による承諾を得るものとし複製物を管理するものとする。

第16条 強制的開示

第15条の規定に拘らず、本規約のお客様は、法令による場合、又は裁判所若しくは政府機 関その他公的機関による命令、要求若しくは要請がある場合は、当該命令等に従うために必要な限 度において秘密情報又は前条の事項を開示することができる。

但し、この場合、開示を行った当事 者は開示した旨を速やかに株式会社シンデレラに通知するとともに、株式会社シンデレラの合理的な指示に従わなければなら ない。

第17条 知的財産権

1.本規約に基づく株式会社シンデレラからお客様への情報の開示は、明示黙示を問わず、秘密情報及び それに含まれる特許権、実用新案権、商標権、意匠権、著作権、ノウハウ、その他の知的財産権に ついての使用権、実施権若しくはライセンスの付与若しくは設定又は譲渡を意味するものではない。

2.いずれのお客様も、秘密情報の中に、知的財産権又は知的財産権になりうる情報が含まれていたとしても、国内外においてリバース・エンジニアリング又は特許申請行為等その情報に関する株式会社シンデレラの権利又は利益を侵害する行為を、自ら行わず、かつ如何なる第三者にも行わせないものとする。

3.本規約のお客様が本規約に違反して知的財産権を取得した場合には、その知的財産権(著作権法 第27条及び第28条に定める権利を含む。)を株式会社シンデレラに無償で譲渡するとともに、著作物については著作者人格権を行使しないものとする。

第18条 競業禁止

秘密情報をもとに株式会社シンデレラと競合するビジネスを直接的又は間接的に行ってはならない。

第19条 免責

1.本規約の締結はいずれのお客様に対してもいかなる情報の開示も義務付けるものではない。

2.全ての秘密情報は現状有姿で提供され、株式会社シンデレラとお客様の双方は、明示黙示を問わず秘密情報の正確性、 完全性及び効果について何らの保証もしないものとする。

株式会社シンデレラとお客様は、自己の判断と責任に基づき株式会社シンデレラの秘密情報を利用し、秘密情報を提供又は開示した者は、相手方が秘密情報を利用したことに関連して被った損害について一切の責任を負わないものとする。

第20条 有効期間

本規約は、本規約締結の日から10年間効力を有する。

但し、本規約の終了に拘らず、具体的な個々の秘密情報については、その提供又は開示の時から10年間は本規約の規定が有効に適用されるものとする。

第21条 損害賠償等

本規約のお客様は、本規約に違反して株式会社シンデレラに損害を与えた場合には、その損害を賠償する責任を負うとともに、秘密情報を記載又は包含した文書、記録媒体等の回収、本規約に違反する秘密情報の開示、漏洩又は利用により形成された成果の回収等を行い、株式会社シンデレラが被った損害を最小限にとど めるよう最善の措置を講ずるものとする。

但し本規約に関する各お客様の賠償責任は、直接損害および通常損害のみならず、逸失利益、事業 機会の喪失、データの喪失、事業の中断、その他間接損害、特別損害、派生的損害および付随的損 害を含むすべての損害をいうものとする。

第22条 譲渡禁止

本規約のお客様は、株式会社シンデレラの書面による事前の同意なくして、本規約の規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対する譲渡、担保設定、その他の処分をしてはならないものとする。

第23条 完全合意

本規約は、本規約に含まれる事項に関する本規約のお客様間の完全な合意を構成し、口頭又は書面によるとを問わず、お客様間の本規約に定める事項に関する事前の合意、表明及び了解に優先する。

第24条 準拠法及び管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

本規約の成立の証として本書2通を作成し各お客様署名又は記名押印の上各1通を保管する。

第25条 お問い合わせ

開示等のお申出、ご意見、ご質問、苦情のお申出その他個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願い致します。

株式会社シンデレラ

E-mail:contact@cinderella-shoes.jp

(なお、受付時間は、平日10時から17時までとさせていただきます。)

第26条 継続的改善

当社は、情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応 じて、本規約を変更することがあります。

【2018年1月22日制定】

【2020年11月25日改定】第13条 料金の対価についての追加

【2020年12月8日改定】第14条 秘密情報~第26条 準拠法及び管轄裁判所 の追加